千葉地区ワンマン関係の更新と更新基準変更について

お知らせ

昨日、E131系に関する新たな情報が明らかになったことから、サイトを更新致しました。また、サイト更新基準について数点の変更を行うこととなりましたので、併せてお知らせ致します。

「E131系・E235系の導入と209系の動き」更新

昨日、車内配置図や投入時期が明らかになったため、更新致しました。

E131系・E235系の導入と209系の動き
北総・房総各線向けE131系の情報と209系の置き換え、山手線へのE235系投入に伴う八高川越線からの209系の転出をまとめています。

「中央快速線グリーン車連結に伴う動き」更新基準変更

今年度以降、車体保全時期のE233系0番台について、G車組込み準備改造が進んでおり、今のところの例外はトタT40編成のみです。そのため、大宮総合車両センター東大宮センターでの指定保全を除き、入場時点でサイトの更新を行うことにします。文面としては「定期検査時期で、G車組み込み準備改造を行う可能性があります」を検討しています。
なお、TASC搭載改造、ホーム検知装置搭載改造については、追えなくなる可能性が高いので、サイトへの反映は見送りたいです。グループとノートをご活用ください。

「E257系転属の記録」更新基準変更

E257系500番台については、近日中に機器更新、または東海道特急への転用(2500番台化)が始まる見込みです。サイトでは機器更新は出場時、転用改造は入出場時に更新を行うのが基本でしたが、入場時に単なる機器更新なのか、転用改造なのかが分からない事態が発生します。
そのため、定期検査を行う大宮総合車両センター以外へ入場した時点で、一律でサイトの更新を行うこととします。文面としては「機器更新や転用改造を行う可能性があります」を検討しています。
公開されている次年度計画では触れられていないものの、仮に大宮総合車両センターで機器更新や転用改造が行われた場合は、確認された時点で遡って入場を反映致します。

ワンマン化改造の更新基準変更

E531系3000番台を皮切りにスタートした首都圏のワンマン化改造は、改造の規模が大きく、長期にわたることが推測されるため、趣味的な需要があると考えられます。今後、機器更新に準じて、竣工時に編成表への反映を行います。

タイトルとURLをコピーしました