キャッシュを導入

データベースが重く、WordPressやSMFの表示速度が遅くなっていましたが、昨日から本日にかけて、WordPressにキャッシュを導入しました。こちらのプラグインです。
WP-Cache 日本語版
ページを要求された場合、とりあえず前回のアクセス時に作成されたキャッシュを返し、その後データベースから最新のデータを読み込むようになっています。つまり、1回前の最新情報が表示されるわけです。ページを更新した場合、最低1回は管理人が確認しているので、いつ閲覧しても最新の内容を表示できると判断し、導入することにしました。
これにより、管理日誌(トップページの更新情報の元)、TXレポートの表示速度が向上しました。フォーラムのほうはセッションの考え方が絡むため、このような機構を取り入れるのは難しいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました