本当に1000番台っぽいE233系、、、まもなく登場

3ヶ月毎の定例投稿です。またJRとTXですね。

E233系京浜東北線向け

1本目は東急車輛製造からの配給になるようです。今月末には出場する模様です。火曜日と木曜日に主に出場するわけですが、他の出荷予定を考えると8月30日と見て間違い無さそうな感じです。年度内は中央快速線向けと一部平行して12本が新造される予定です。
番台区分について、2月の更新で1000番台になりそうだと書きましたが、どうやら本当に1000番台に区分されるようです。ただし先頭車のレイアウトが変わるからではなく、半自動ドア機能廃止など変更箇所があるためだそうです。情報が3転しました。
・昨年10月・・・0番台、中央快速線向けの続番らしい。
・今年02月・・・1000番台かも?理由は先頭構造が変わるため。
・今回更新・・・1000番台。全体的にマイナーチェンジ。
1000番台では、半自動ドア機能廃止のほか、VIS装置の大型化(無線装置の高速化により15インチ→17インチに)や、低吊革/網棚車両(女性専用車仕様?)の拡大などが行われるようです。もちろん保安装置や座席モケットも変更されます。
情報が錯綜している6ドア車ですが、今のところ目撃されていません。私は(6月同様)信じられないのですが、6ドア車非連結な雰囲気です。すでに出場線に待機しているので、現地を見れば真偽が分かるかと。
初めて6ドア車廃止の話を聞いたのは今年の1月でしたが、改めて考えると、いきなりそんな突拍子もない話が(ガセとして)出るとも考えにくいかもしれません。6ドア車無しが不評なら来年度中に生産予定を変更すれば、組み換えで済む話でしょうし。
ただ私自身はやっぱり6ドア車連結に期待しています。
209系の置き換えについては(ウラ90編成の動向も気になるところですが)、最初に離脱するのが500番台で、その後0番台となる予定です。国電総研でもおなじみの通り、500番台は京葉線に転属し、201系を置き換えるようです。

TX-2000系増備車は来年の暮れ?

来年夏の増発に間に合うと思っていましたが、どうやら車両が姿を見せるのは来年の10月ごろになりそうです。多分増発されるのは冬の改正ではないでしょうか。利用者としては、増備前に多少のダイヤ調整が欲しいところですが・・・。
巷ではLEDのフルカラー化、室内LCD装備などを期待する声もありますが、仕様は変更されない可能性が高そうです。
TXのLEDにはTXオリジナルフォントが使われており、ドット数が異なるLEDに変更すると、フォントを作り直す事になります。また、VIS装置を運用するためには地上の初期投資が必要で、たった4編成のためにそこまでするとは思えません。
もしその辺の仕様変更があれば、全編成に波及すると思っても良いかも知れません(笑)
次回の更新では、サイト休止に関して色々考えた事を載せ、その次の更新では来年度のサイト構想を載せます。鉄道ネタは今回が休止中最後です。
頑張って鉄道ネタを同じ感じで載せていっても、自動投稿時に訂正ができない恐れがありますので・・・。

タイトルとURLをコピーしました